休日の待遇と派遣の仕事

仕事をするうえで、休日は特に重要になります。簡単に休めるわけではありませんが、定期的な休みというものは必要になります。休みがなければ疲弊してしまい、仕事にならなくなることもあります。

契約社員の場合は、正社員にかなり近い労働形態になります。アルバイトやパートのような、週に2日から3日ほどの勤務しかしないとうことも基本的には考えられません。週に4日から5日程度は働きます。

中には、週に6日も働いている方もいるかもしれません。繁忙期があるような仕事については、特にそのような状況になりまず。ほとんど休みを確保できずに、忙しく働くことも考えられます。

正社員は年間にどれほど休んでいるのか

 年間:110日間程から120日間程度

以上のように実際に、休日はかなり多いということが見えてくると思います。3日に1度のペースで、休みが入る計算になります。週休2日以上に休みがると考えることもできます。

 週休2日制
 お盆休み
 ゴールデンウィーク休み
 年末年始

以上の休みを合わせると、年間でそれだけの休みが確保できます。しかし、職場の内容にもよります。世間一般が休みの時に休みに入れない仕事も実際にあります。販売店や飲食店といったサービス業は基本的に休みに入れなくなります。

お子さんの行事のために休みを入れたい場合

5

交換やシフト作成時に申請する!
契約社員で働いている主婦などは、お子さんの行事に合わせて休みを入れたい場合には前もって出勤日を交換してもらうことが必要です。シフト作成時に、その日を休みに入れておくこともおすすめになります。

交換してもらう場合には、その方と話し合いをして、その方の出勤日に代わりに出勤をするという形になります。普段から仲の良い同僚を作っておかないとそういったことができませんので、注意して対応をしてください。

契約社員でも休みは決められる

立場の弱いと思われがちな契約社員であっても、上記のようにうまく対応すれば休みたい日に休みを確保することができます。また休みが少ないと思った方は、「女性派遣社員と有給休暇」で解説した有給休暇も有効的に利用すべきです。