派遣社員の残業システムとは?

派遣社員でも、残業をすることがあります。残業は定期的に発生することもあるので、詳しく内容を調べることも重要です。


8

残業というものは、どのような働き方でも生まれてくる可能性があります。正社員でも契約社員でもパートでも関係ありません。仕事がまだある場合には、残業をして仕事を終わらせてから帰るということになるのが一般的です。

しかし、残業が社会問題になることもあります。月に80時間や100時間といった残業をあたえる企業もあるからです。それだけ仕事が増えると、やはり大きな問題が出てきます。社員やスタッフの健康被害も出てきます。

常識を持った労働環境を与えるような企業で働くことがおすすめになります。残業時間にも一定の制限を設けているような企業で働くこともおすすめになります。何も決めないで、働かせるような会社に派遣されてしまうと大変です。

派遣社員と残業の発生

派遣先で、残業が発生することがありますが、基本的に特別な理由がなければそれを断ることはできません。残業をすることも仕事の一部だと思われているからです。また、中には残業がある方がしっかりと稼げるから良いと考える方もいます。

雇用契約書について

派遣会社から手渡されている雇用契約書を確認することも必要です。実は、そちらに残業についての取り決めがされているからです。その内容を超えた残魚を求められる時には、断ることが可能です。これは正当な理由による残業の拒否となります。

雇用契約書には、“1日の最大残業時間”と“1カ月の最大残業時間”が記載されているはずです。以下に、どのような書き方がされるのかの一例を記載させていただきます。

 1日5時間以内
 1カ月50時間以内

残業の制限!
1日単位と1カ月単位で決められています。1日単位で超える場合でも、1カ月単位で超える場合でも、雇用契約書に違反しているということになります。そのような残業を求められたら拒否していいわけです。また、それでも強要されたら派遣元の会社に伝えましょう。会社同士で話し合ってくれるはずです。

派遣の残業と給与

パートの残業システムについて」で記載しましたものと同じシステムになります。ただし、時間外労働手当が支払われるケースがパートより契約社員のほうが多いです。その点は、派遣元がしっかりと求めてくれているはずなので安心でしょう。