新聞を取っていれば求人も探しやすくなる!

新聞を取っている方におすすめの女性のためのパート求人の探し方が、新聞の折り込みチラシです。毎週、さまざまな求人情報に触れられます。


2
・新聞の折り込みチラシの手に入れ方

新聞を取ることが、条件になります。ただ、どの新聞を取るのかでも違いがあります。おすすめなのは、5大紙になります。

 毎日新聞
 朝日新聞
 読売新聞
 産経新聞
 日本経済新聞

以上は5大紙と呼ばれているわけですが、発行部数が多いからそのように特別視されています。発行部数が多いという事はチラシ効果も高いということで、求人チラシが入っている可能性が高くなります。

他にもいくつか新聞はありますが、入っていなかったり量が少なかったり事もあるので注意して対応してください。ただ、無理して5大紙を取る必要もありません。すでに5大紙をとっている方のみこちらの方法でパート探しを行うべきです。

新聞折り込みチラシのメリット

日曜日に必ず入ってくるという事です。毎週新しい求人情報に触れられる点は、嬉しい限りです。1年間で50回ほど、求人情報を見る機会が自然とある点は見逃せません。

・無料でチェックできる

新聞の購読料はかかりますが、チラシについては無料で見ることができます。お金を支払うことなく譲歩を得ることができる点はメリットに挙げられるでしょう。

・地域の求人情報をチェックできる

掲載されている情報は基本的に地元のものばかりです。地元で働きたいという方にはありがたい情報になります。「ネットで探そう!女性のためのパート求人」で紹介したネットの全国的な取り扱いとは違いますが、それはそれでプラスになることもあるわけです。

新聞折り込みチラシのデメリット

情報数の少なさがあります。折り込みチラシは、サイズにも限度があります。1ページに20ほどしか情報が掲載できないことが多いです。両面で40求人ほどでしょう。

デメリットも!
1回の折り込みチラシ量は地域差もありますが、平均するとだいたい3紙ほどになると思います。ですから、1週間で100記事前後しか情報に触れられないことになります。これはマイナスと捉えてもいいはずです。