派遣で医療事務の仕事を始めてみましょう

近年、人気になっているのが医療事務の仕事です。派遣社員としても、女性に特に人気になりつつあります。今後も働く方は、どんどんと増える可能性を秘めています。


14
 資格が必要

当たり前ですが、医療事務は専門的な仕事になるので資格というものが必要です。取得をしたうえで派遣会社員登録をして、仕事を始める必要があります。
資格取得が必須!
医療事務の資格については、それほど難易度が高いわけではありません。比較的簡単に取得できるタイプのものになります。スクールに通って勉強するほどのものでもありません。ただし、一発で合格するためにも、しっかりと試験対策を行ったうえで受験しましょう。

医療事務の仕事がおすすめになる理由

 職場が多い

働ける職場は全国各地にある医療機関です。大きな病院でも必要とされています。中小の病院でも必要とされていますし、クリンックなどの職場もあります。病院は大都市圏だけでなく、地方にもあります。職場に困らないというメリットは大きいです。

 給与設定が高め

資格が必要な仕事になるので誰でも働けるものでもなく、給与が高いことが多いです。職場にもよりますが、派遣社員で月給が20万円台になることも珍しくがありません。実働7時間から8時間程度になることが多いので、わりのいい仕事という判断もできます。

 通勤が楽

駅から近かったり、駐車場が完備だったりという職場が多いです。駅から徒歩10分圏内の病院も多いです。駐車場が広く従業員は自動車で通えるという環境が整っている職場も多いです。通勤についてはあまり困らないという嬉しい特徴もあります。

医療事務で働く時に持っていると良いスキル

 会計入力業務経験あり
 受付窓口業務経験あり
 パソコンスキル(簡単な操作)
 接客スキル

経験とスキルというものになりますが、特別というものはありません。基礎的な経験があれば対応できるといったものになるわけです。ただ、最近の病院はパソコンを良く使います。コンピューターの操作に慣れている方でなければ、最初は戸惑うケースもあるので注意して下さい。