事務の仕事の特色について

女性の派遣社員の方が最も多く経験するものといったら、事務の仕事があります。事務の仕事にはどのような特徴があるのか紹介します。


18

事務経験が活きる!
派遣会社の中でも最も多くの情報を取り扱っているものと言えば、間違いなく事務の仕事です。事務の仕事はどのような会社でも必要になります。そして、事務の仕事内容はどこでもある程度変わりません。経験があれば、どこでも働けることが一般的です。

さらに、特別なスキルも必要ではりません。経験があれば、特別な資格がなくてもすぐに働きはじめることができるという強みもあるわけです。さらに、年齢等もあまり重要視されません。20代でも40代でも50代でも採用される可能性があります。

派遣社員としての事務の仕事内容

 電話対応
 受付対応
 データ入力
 コピー業務
 資料作成など

一般的な事務の業務は上記したものになります。どれを見ても特別なスキルが必要ではないということが分かっていただけけると思います。働く前に、スクールに入って資格を取る必要も全くありません。

 パソコンが問題なく操作できる程度のスキルは必要

データ入力と資料作成のためには、パソコンスキルが必要です。ただ、最低限のスキルでも構いません。キーボードを使って文字を問題なく打てればある程度対応できます。さらにエクセルやワードを使った経験があれば、なおよろしいです。

給与は低め

《事務の一般的な時給の相場》
 1,000円から1,500円前後

派遣社員としては、時給はかなり低めになります。仕事内容はそれほど難しいものではありませので、どうしても低水準になります。アルバイトに毛が生えたものといった感覚になります。

 昇給あり

低水準と言っても全く給与がアップしないわけではありません。経験やスキルによっては給与がアップします。まず、入職した時には経験があると通常の時給よりも高めに設定されます。

さらに働いて様々なスキルが身についてスムーズに働けるようになると時給がアップします。スキルは主にパソコンスキルです。綺麗な資料を作成できるなどの能力を発揮すれば、派遣先の企業からの評価も高くなります。