高額アルバイトと有給休暇システム

高収入タイプのパートで有給休暇がもらえるのか気にしている方も多いともいます。そういった方向きの情報を提供します。


4

平等の権利!
有給休暇については、労働者に平等に与えられた権利になります。正社員はもちろんですが、契約社員や派遣社員にもその権利はあります。そしてバイトやパートにもその権利というものがあるわけです。

しかし、現状で多くの方がその有給休暇を活かしきっているとは言えません。しっかりと活かしていると言えば、正社員くらいでしょう。その他の非正規労働者の方は、多くの有給休暇を消費していない状況で働いていることになります。

高収入パートと有給休暇の関係性

高収入パートを短期でおこなっている方は、有給休暇はいただけません。実は決まりとして、半年以上の勤続期間が必要になります。1カ月などの短期の仕事では基本的に対応できませんので、注意してください。誰にでも権利があるものでも、条件はクリアしなければいけません。

短期の予定で仕事を始めても、結果的に長期的に仕事を続けることになる場合もあるでしょう。そのような時は、最初の予定が短期だからと言って有給休暇がいただけないことはありません。結果として半年以上勤めれば、有給休暇の権利が発生します。

高収入パートから正社員になった場合の有給休暇

パート期間と正社員期間を合わせて有給休暇が設定されることになります。パートとして働いていた機関も勤続期間に入りますので、有給休暇の制度を有効に使えることにもなります。

たとえば、正社員で4年半勤めると有給休暇は16日もらえます。1年間をパートとして働き、3年半を正社員で働いた場合でも、有給休暇は16日間もらえるという制度になります。

正社員からパートに変わる場合は、パートの水準で有給休暇が与えられます。ですので、正社員としての勤務期間が長い場合には、少し損をした気分にもなるわけです。いま勤めている雇用形態によって、有給休暇の日数が変化するということは覚えておきましょう。