ダブルワークで気をつけるべき事

ダブルワークとして利用される機会が多いのが短期の高収入パートです。ダブルワークの特徴と注意点について紹介します。


7

ダブルワークとは、二つの仕事をすることになります。本業の仕事と副業の仕事をすることもあるでしょう。そのような二つの仕事をすることがダブルワークと言われるものになります。不景気の時などに良く行われる存在です。

また、ダブルワークを普段から行っている方もいます。月に2万円でも3万円でも収入を増やしたいという方もいるでしょう。そういった方にお勧めになるのが、ダブルワークと言われるものです。

短期の収入パートとダブルワークの特徴

副業として行われるものになるケースが多いです。1週間や1カ月など臨時的にお金が必要な時に行われることが多いという点は注目に値するでしょう。すぐに大きなお金が要りようになってしまった時におこなわれる機会が多いです。

・夜や深夜帯の仕事が多い

ダブルワークになりますし、高収入となれば夜や深夜の時間帯に仕事を行う機会が多くなるという特徴も忘れてはいけません。昼間は、本業の仕事をしていますので、空いている夜や深夜に仕事を行うわけです。
時給単位の収入

パートになるので1時間1,500円や2,000円といった時給換算で仕事を行うことになります。また、ダブルワークで副牛オということになると、1日あたり3時間から4時間程度の短めの仕事になることも多いです。本業もあるので、それほど長時間働くことはできません。

短期の収入パートとダブルワークの注意点

・規則に反していないか

正社員として働いている方が副業をするものは、あまり認められていません。就業規則に決められている事なので、注意して対応してもらう必要があります。契約社員やパートをしている方がさらに副業をすることは認められることが多いので安心してください。

税金について!
副業の所得が20万円を超えると注意が必要です。年間20万円を超えてしまうと税金を支払う必要があります。ただ、所得で20万円です。副業の収入が年間30馬年で、その経費が11万円であった場合には、差し引き所得は19万円になります。その場合は税金を支払う必要はありません。

税金を払いたくない方は、月間の副業の収入をうまくコントロールしてください。ひと月あたりの所得を1万6,000円程度に抑えることがおすすめになります。また、年間所得が20万円以下にすることができれば副業とは認められませんので、規則で禁止している職場でも問題ありません。