高収入バイトと残業の制度

高収入パートと残業はかなり密接に結びついています。残業があるから高収入になるといった考え方もあります。


8

高収入パートというものですが、短期で入ってもかなり稼げるタイプが多いです。時給が2,000円や3,000円という仕事も多いからです。2週間や3週間でも1日当たり8時間や9時間などみっちりと働けば、20万円から30万円も稼げてしまう事もあるわけです。
それに加えて残業もあればさらに大きな金額になる場合もあります。残業は高収入のパートをさらに高収入にしてくれる、一つの要因という捉え方をしても良いかもしれません。

高収入パートと残業の発生頻度

高収入バイトは残業が多い!
かなり発生頻度は高いことが多いです。高収入になる理由として、その仕事が非常に忙しいという事があります。繁盛している店舗は、高収入で人を雇うということができるわけです。繁盛していれば仕事も多くなり、残業も増えるといった具合になります。

短期ということもあって、ほぼ毎日残業が発生することもあります。時間が長いものになれば1日値4時間から5時間という事もあります。少なくても1時間から2時間発生することもあります。1日当たりの労働時間が決められていますが、短期の高収入バイトではそれはあってもないようなものです。

高収入パートの残業の報酬システム

高収入と言ってもパートになるので、「パートの残業システムについて」で紹介した通りに、一般の時給で換算されてしまう事もあります。しかし、探せば時間外労働手当を含めて換算してくれるところもあります。
手当が加算された状態で3時間や4時間の残業を行えば、さらに高収入な状況になります。お金を稼ぎたい方にとっては、これ以上ない稼ぎが実現できるかもしれません。

・夜勤手当が加味されることも

時間外労働手当以外にも屋深夜に労働する夜勤手当が加味されることもあります。残業をして夜の10時を越えて働くような場合には、二つの手当てが加算されることもあり、非常に大きな収入を生む可能性も指摘させていただきます。