短期バイトの期間について

女性の中は、短期のバイトを探している方もかなり多いと思います。短期バイトを探して行うことで、空いている時間を効率的に現金化することもできるわけです。


9
短期バイトですが、学生が休みの期間に行うことも多いです。女子大学生によっては、学校がある時期は通学の時間があるので、なかなかバイトできないこともあります。ですので、休みの期間を利用してしっかりと稼ぐという事を考えている方も多いです。

短期バイトというものですが、どのくらいの日数を指しているのでしょうか。そのあたりの数字が統一されていないと、探すのは難しいでしょう。求人サイトで短期バイトを探してみても、自分希望していない日数の仕事が出てきてしまう事もあります。

日数の基準

・数日から1カ月程度

基本的に、1日ということはありません。1日の仕事は“単発”といった言い方がされます。さらに“ど短期”などといった表現がされることも多いです。単なる単発とは、意味合いが異なる部分なので注意していただければと思います。

短期の日数について!
短期の日数は基本的に最低ラインとしては3日から1週間程度を指します。それ以上の日数となります。そして、短期の仕事の長さについては、約1カ月程度までという日数になります。2カ月以上になるとさすがに短期とは呼べなくなります。

継続的に雇われるケースも

短期バイトと言っても、最初の契約期間だけでなく継続的な雇用がある場合もあります。継続雇用の場合は再契約となりますが、いままでの契約内容とあまり変わらずに再雇用されるケースが多いです。その時は、時給交渉も多少はできますので、希望する金額をお話ししてみると良いでしょう。

短期バイトの給与の支払われるまでの日数

日払いのケースや週払いが多いのが特徴です。1カ月単位の仕事の場合は、一般的な月払いになることもあります。しかし、日払いや週払いが短期バイトの特徴という考え方もありますので、そちらを選択される労働者や企業の方が多いです。