短期バイトを役立てる方法

バイトには基本的に長期に勤める長期バイトがあります。その対極にあるのが単期バイトです。こちらでは短期バイトが役立つ条件について解説します。

短期バイトというもので、特に注目していただきたいのが予定というものです。ずっと定期的に予定が空いている時間帯がある場合には、基本的に長期バイトが可能です。その逆の状況になるのが、短期バイトです。

先の予定は分からないような状況である場合には、短期バイトが適しています。一定期間のみ働ける時間が確保できるような時におすすめできるわけです。利用できる時間に制限がある方向きです。レギュラーのスケジュールがある方は短期バイトを活用すべきです。

学生や主婦、ダブルワーク希望者におすすめ

 学生:夏休みや冬休みなど
 主婦:家事の合間、子供が学校に行っている時間帯など
 有職者:お盆休み、年末年始休みなど

以上の条件などで働くのが、基本的におすすめになります。それぞれの時間に少しだけ余裕ができている時間帯になります。その時に短期のバイトを入れれば、何もしなかった時間がお金を生んでくれることになります。

短期バイトは日曜日がおすすめ!
日曜日は学生の方や有職者におすすめです。休みとなり、1日全くすることがないケースも多いでしょう。また平日労働は主婦の方におすすめです。家事などを済ませて空いた時間を短期バイトで過ごすという事もお勧めになります。

短期バイトをする目的

 生活防衛のため
 お小遣いが欲しくて
 貯金をしたい
 欲しいものがある
 旅行資金集め

以上のような目的がそれぞれに存在しています。特に学生などは、遊ぶお金が欲しいという事もあります。さらに免許を取りたいといった前向きな理由もあるでしょう。そして、主婦の方は生活費の足しにするという方もいます。
10

短期バイトはそれぞれの方におおきな目的があるわけです。そこで気になってくるのが、どれくらい稼げるのかです。短期バイトは日給制になっていることが多いです。1日当たり7,000円から10,000円くらいになることが一般的です。

ただ、その額はあくまで目安です。時間が短ければ4,000円や5,000円という事もあります。また、高収入タイプの稼ぎを知りたい方は、「女性のための高収入バイトの給与について」で解説しているので、そちらを参考にしてください。