就職・転職に活かせる!女性に人気の資格ランキング

女性にとって就職や転職は特に大事です。こちらでは女性に人気の資格をランキング形式で紹介させていただきます。

最近では女性でも出世欲というものが強い方も多数いらっしゃるわけです。出世をしっかりとするためにも、必要になってくるのが資格です。しかし、資格と言ってもこの世の中に無数にあります。すべての資格を取得することはできません。その中から適当なものを選びましょう。

資格選びですが、テーマを持って決めましょう。自分の就職したい職業に役立つものを取得するわけです。様々な資格を幅広く取得しようとすると時間もかかりますし、将来的にいくつかの資格は何にも役に立たないこともあります。
おすすめの資格を5つ紹介します!
女性に人気の資格ベスト5を紹介します。どんな資格がおすすめなのか?取得方法やどんな仕事に活かせるかなどをご案内します。

 医療事務

2

医療機関などの受付で働くことができる資格になります。最近、テレビコマーシャルなどで多く見かけるようになりました。病院で働くという事で、医療関係のほかの資格を持っていなければいけないと思う方もいますが、こちらの資格だけで仕事ができます。
仕事の内容とは?

受付業務が主になります。診療費などの計算も行います。患者さんの対応をすることもあります。電話を受けたりもしますので、会社などの事務の経験がある方ならスムーズに仕事を始められると思います。

取得方法とは?

試験を受けて合格することが必要です。筆記試験と実技試験があります。実技試験にはレセプト関連の試験もあります。さらに、患者接遇や院内コミュニケーションの実技があるケースも存在していますので、注意して試験に臨みましょう。ただ、難度はそれほど高くありません。

 調剤薬局事務

調剤薬局などで働くことができる資格になります。前記した医療事務と同じような資格のタイプになります。薬剤師の資格を持っていなくても、調剤薬局事務として働くことがあります。全国的に薬局はるので就職のしやすさが魅力です。

 仕事内容について

調剤薬局事務は、薬局での受け付け業務を行います。調剤費の計算なども行います。電話受け付けや、患者さんの対応も行います。薬局での事務全般を行う事になります。薬剤師さんとも連携して仕事を行います。

 取得方法とは

調剤薬局事務の試験を受けて、合格をすると取得となります。試験内容はそれほど難しいものではありません。ある程度しっかりと勉強ができていれば合格することができます。独学、専門学校、通信講座で勉強をして試験に臨まれる方も多いです。

 行政書士

女性が多く働いている職業になりますが、行政書士というものがあります。法律について詳しい方といった印象があるでしょう。しかも、国家資格という位置になりますので、資格としても上位の評価を与えられ、就職や転職にも有利です。

 仕事内容をチェック!

法律を使ってアドバイスをするような業務もあります。さらに書類作成や書類作成を行います。一般の方では、公的な書類をどのように作成したらいいのか分からないこともあります。その代行業務を行います。契約書作成なども請け負います。

 資格取得方法

行政書士の場合は、年に1回の試験がありますのでそれを受けて合格する必要があります。受験資格については、誰でも受けられるものになります。年齢も国籍も関係ありません。合格すれば行政書士として働くことも可能です。また、以下の資格を持っている方も行政書士になれます。

 弁護士
 弁理士
 公認会計士
 税理士

 マイクロソフトオフィススペシャリスト

IT関連の転職先を探している女性には必見の資格になります。パソコンスキルを証明できるものになります。また、これを機会にパソコンについて詳しくなるといったこともできます。「ワード」や「エクセル」の技能を証明できる資格と思ってください。

 おすすめの理由

求人情報を見てみると、条件に「PCスキル」と書いてあることが多いです。しかし、面接でパソコンの操作をしているところを見せるわけではありません。言葉で説明しなければいけないわけです。しかし、こちらの資格を取得すれば、履歴書を見ただけでPCスキルがあると説明できます。

 取得方法

マイクロソフトオフィススペシャリストの試験は実技試験のみです。全国一斉試験となります。全国の各パソコン教室で試験を受けることができます。そちらでパソコンを操作します。合格すれば、資格取得となります。スペシャリストとエキスパートの2種類のタイプの試験があります。

 ファイナンシャルプランナー

FPなどと略される機会も多いです。税金・保険・年金などの幅広い知識を持っていることが条件とされる資格となります。会社内で働くこともありますし、独立して働いている方も実際に多いです。目標として独立というものを視野に入れても良いかもしれません。

 仕事内容とは

企業をフォローするのが主な仕事になります。税金・保険・年金といったものに疎い会社はあとで大変なことになるかもしれません。そういったことにならないように対応するのが、ファイナンシャルプランナーの仕事です。いろいろな業種で働くことができる資格です。

 取得方法とは?

国家資格と民間資格の二つのタイプがあります。さらに等級もありますので、自分の実力に合わせて試験を選択できます。試験ついては、年に3回行われるものもあります。難度はそれほど高くないものもありますので、その点でもおすすめです。

番外編:簿記

あまりに有名な資格ですのでランキング外としましたが、女性に人気の資格には簿記もあります。お金に関する資格になります。経理の仕事をする時に役立ちます。どのような会社でもお金の取り扱いがありますので、簿記の資格が重宝されることも多いです。資格手当が出されることもあります。

 日商簿記
 全商簿記

以上の二つのタイプの簿記の資格があります。受講者の多いのが日商簿記になります。比較的難易度も高いのが日商簿記です。中には二つとも取得される方もいますので、余裕のある方は狙ってもよいかもしれません。資格試験は、全国の学校(商業系高校など)や専門学校などで一斉に行われます。

 勉強方法

独学で習得される方が多いです。主に2級までは独学でも取得可能と言われています。しかし、日商簿記の2級の試験については、合格率が50パーセントをきっていることもあるので、あまり手を抜くと落ちてしまう可能性もあります。専門学校に通って確実に勉強しても良いでしょう。

ちなみに簿記1級になると、その内容は税理士並みとなります。ほとんどが税理士の試験内容とかぶってきます。難易度が高く、合格率は10パーセントに満たない時もあります。ただ、合格できれば税理士の試験も受かる可能性があるのでチャレンジするのもおすすめです。

実際に、簿記1級の資格試験を合格した直後に税理士試験も受けて、両方とも合格できたという方もいます。税理士になれれば、税理士事務所でも働けます。自分で事務所を起こして独立することもできます。夢のある資格の取得も見えてくるのが簿記というものです。