女性の転職の面接対策!聞かれる可能性が高い質問とは

転職時には必ず面接があります。その面接ではどのような事が聞かれるのでしょうか。効かれる可能性が高いものを調べてみました。

転職活動でネックとなってしまっている可能性が高いのが、面接です。中には得意という方もいますが、苦手という方も実際には少なくありません。苦手になってしまうと、面接のたびに苦痛になってしまいます。それはなんとしてでも避けなければいけません。

そこで前もって、面接で聞かれそうなことを調べておくわけです。想定した質問があれば、特に慌てることなく対処できます。難しいことは一切ありませんので、まずはどのような質問をされるのかを確認してください。

転職時の面接で質問されやすい事

3
 長所と短所について
 前の職場の退職利用について
 志望動機について
 将来の目標や夢につて
 過去の仕事の失敗談について

大まかではありますが、以上の内容の質問が比較的されやすいです。どの会社でも同じような質問になりますので、過去に転職経験がある方は、特に無視していただいても構いません。数回面接を受ければ慣れることも可能でしょう。
長所と短所の質問の答え方
長所については特に悩む必要はありません。自分の長所という部分を積極的にアピールしてください。一方で問題になるのが短所の答え方です。自分の評価を下げるようなものは、言うべきではありません。長所にもなりかねないようなものを答えましょう。

例えば、短所を「心配性」というものにしたとします。その心配所の説明に、責任感があるからこそ心配症である、といった印象を与えるようにします。その意思が伝われば、とたんに心配症は短所ではなくなるわけです。

 退職理由の答え方

後ろ向きの理由であったとしてもそれは答えないでください。なるべく前向きにとらえられるような答え方をしましょう。給与や人間関係などは、あまり魅力的な答えではありません。「したい仕事が実現できない」といった理由をつけると良いでしょう。

志望動機・将来・過去の仕事の失敗談答え方

具体的にこたえることを意識してください。あやふやな内容は厳禁です。なぜ志望するのか、将来はどうしたいのか、仕事の失敗はなぜ起こったのかを説明するわけです。実際のエピソードなどを加えると、面接官の印象にも残るはずです。