「退職してからの転職」失業保険のシステムについて

転職には在職のまま活動を行うケースと、一旦退職をしてから活動を行うケースがあります。後者の場合には失業保険を頂くわけですが、どのようなシステムになっているのでしょうか。
7

転職活動は基本的に、在職中に行うのがベストと言われています。確かに、転職しないという選択肢も選択できるからです。ちょっとした保険をかけながら転職活動をしているのと同じような状況になると思っていただいても良いかもしれません。

しかし、退職してからの転職活動のほうが字部にはあっているという方もいるでしょう。時間をすべてつぎ込むことができるからです。しかし、転職は1日や2日で決まるものではありません。2カ月や3カ月かかることもありますし、半年や1年程度かかることもあるわけです。

生活というものに不安を覚える方も少なくはないでしょう。だからこそ、在職中に転職活動をおこなうのがおすすめと言われているわけです。ただ、退職してからでも、生活を支えてくれるものがあります。失業保険と言われるものです。

失業保険とは?

雇用保険の被保険者であったかがもらえる生活支援金といったものになります。会社が倒産してしまった場合や定年になった場合、自己の都合で退職した場合に生活ができるように考えられている保険になります。

簡単に言ってしまえば、会社を辞めたらもらえるお金というものです。ちなみに失業保険は1種類ではなく複数あるという事も覚えておきましょう。求職者給付・就業促進給付・教育訓練給付・雇用促進給付という4つがあります。

もらえる条件とは?

離職する2年前までに、12か月以上の雇用保険を支払っているという事があります。長期的に働いていた方は基本的にこの保険はもらえるものだと理解してください。ちなみにひと月あたりの労移動日数が11日以上という要件もありますが、こちらは基本的に多くの方は問題ないでしょう。

ハローワークで申し込み
求職活動をするという事も必要です。いわゆる転職活動をするわけです。仕事をする意思があるという事を証明する必要も去るのでその点も重要視してください。そもそも、失業保険は再就職を支援するための手当と考えられているわけです。