転職届ってどう書くの!?退職届の書き方について

転職を決意したり、転職先が決定したりした時にはいま働いている仕事を辞めることもあります。その時の退職届はどのように書けばいいのかを考えてみましょう。
8

転職が決まると、いまの仕事を辞めることになります。辞めるという事は簡単なことでもありません。社会人のマナーもあります。気持ちよく新しい職場で働き始めるためにも、退職届をしっかりと書けるようにしましょう。

しかし、退職届を書いたことがない方も多いでしょう。特に、初めての転職という場合には、退職届をスムーズに書けなくて当たり前です。書く練習もしておかなければいけません。どのような決まりがあるのかも確認してみましょう。

自筆かワープロか?

一般的なのは自筆で書いたものです。ワープロで書くのも良いかもしれませんが、自筆のほうがよいでしょう。しかし、こちらにははっきりと決まったものではありません。過去に退職した知り合いがいた場合には、少し相談をしても良いかもしれません。

相談相手は同僚にしないでください。同僚に相談するとそちらから話が漏れてしまう事もあります。退職の話は直属の上司にするものですので、その他の会社の関係者の方にはなるべく漏らさないようにしなければいけません。これも社会人のマナーです。

書き方について

縦書きが一般的です。横書きで書かれることは少ないです。ただ、退職届の容姿は、会社側で用意されていることもります。その用紙方針に従って書くようにしてください。書く前に、会社側の指定する書き方を事前に確かめておきましょう。

まずは、退職届と書きます。そして日付を入れます。その日付は退職届を提出する日です。さらに会社名を入れます。そして会社の代表者の名前を入れて、「殿」をつけてください。その次に、自分の配属されている部署名を記入し、自分の名前を書きます。その下に印鑑を押します。

退職理由について
最後に退職理由を書きますが、慣用句を活用します。本当の理由を述べません。「一身上の都合により退職いたします。」といった事を述べれば良いだけです。誤字脱字を最後に確認して、それから提出してください。