徹底解説|転職の面接対策を考えてみましょう!

転職の面接を成功するコツについて考えてみましょう。どうしても働きたい会社も実際にあるでしょう。以下にしたら合格できるのか、という事をチェックすべきです。

転職については社会人のマナーというものも大切です。マナーが守れていないと面接で大きな失敗をしてしまいます。いくら魅力的な人材であってもマナーがなければ会社としても不必要な人材と思われてしまうかもしれないわけです。

失敗をしない面接という事は、成功をする面接という意味でもあります。あまり難しく考えずに、まずは気軽に面接を突破する方法をチェックするというような感覚でも良いでしょう。面接は経験も大切です。そのうちコツをつかめる時も来ます。

面接で行ってはいけない事を知る

外資系企業の場合
英語を勉強したい、といった志望動機を語る方が多いです。これは全く意味がありません。そもそも外資系企業で戦力になりたいという場合でしたら、英語はできて当たり前になります。英語を勉強したい気持ちがあったとしてもそれは述べないでください。

会社側としても転職者には即戦力を求めています。新入社員でしたら位置から鍛え上げることもできますが、転職お方にまで教育はできる余裕は一般的にはありません。他の業種でも同じことが言えますので、勉強したいなどという理由は述べないようにしましょう。

面接に遅れそうになった場合

9
 必ず連絡

いまは携帯電話がありますので、遅れそうになったらすぐに連絡を入れてください。その時は、謝罪から入りましょう、社会人のマナーになります。そして、なぜ遅れたのかをしっかりと伝えます。電車が遅れたのであれば、それを告げるわけです。

どれくらいで到着できるか

予想到着時刻も伝えます。10分や20分程度でしたら、面接官の方も待ってくれることもあります。30分や40分でも問題ない事もあります。ただし1時間や2時間ともなると、会社も予定がりますので、後日に回すこともあります。

すぐに到着できそうな場合は、時間を伝えてその日のうちに面接を受けましょう。自分のせいで後れたわけではない場合も多いと思いますが、面接官の方には遅れた謝罪をしてから面接に入るべきです。