職務経歴書の書き方をレクチャーします!

職務経歴書というものがあります。就職活動しかした事が方はまり知らないものになると思います。履歴書だけしか書いたことがない方もいるでしょう。初めての転職の方は頭を悩ませる部分です。

職務経歴書は、簡単にいえばいままでの仕事内容を記すものです。ですので、転職時に必要になる特有の書類となります。新卒の就職活動については、いままで仕事をしたわけではありませんので、職務経歴書が必要にはならないわけです。

職務経歴書ですが、書き方を知らなければうまく書きすすめられないかもしれません。転職自体にも大きな悪影響が出てきてしまう事もあるかもしれません。では、そちらについて少し考察してみましょう。

職務経歴書の役割とは

経験やスキルの説明
履歴書はそもそも自己紹介のようなものです。それよりも企業が知りたいのが、経験やスキルというものです。転職では即戦力を求められるので、職務経歴書で確認がされるといった流れになります。

また、履歴書だけでは説明不足になるところもあります。それを補うような役割もあると考えていいでしょう。情報をつけたしまして、自分の事をしっかりと知ってもらうわけです。企業にとっても選考対象書類となります。

職務経歴書の書き方について

10

具体的な情報を記入

前記したように、経験やスキルを記入するわけですが、具体性を持たせることが重要です。今までの勤務先の所属部署やポジションについても明記したほうが相手にもイメージしやすいことになると思われます。

携わってきた業務の詳しい内容についても記述します。さたに、その期間についてか書きます。長期のプロジェクトに参加したのか、短期のプロジェクトに参加したのかも重要な情報になります。さらに所有する専門知識や技術も書き込みます。

 評価についても記載

会社ではどのような評価を受けて働いていたのかも重要な記載テーマになります。どのよういな仕事のどのような作業について、どのような評価をもらっていたのかという事です。自分をアピールする文書になるので、謙遜はしなくてよいです。

 時系列的にまとめる(職務内容別にまとめる)

記載の方式は、編年式(時系列)と職務内容別があります。どちらでも構いませんが、編年式のほうが一般的との意見も多いです。書きやすいタイプ、アピールしやすいタイプを選択してください。