面接時に注意すべき事!徹底調査!

女性で稼げる転職先として話題なのが外資系です。どんどんとそちらに転職されている方が多いです。外資系も女性の力を求めています。

外資系の会社もどんどんと増えてきました。今後も多くなる可能性もあります。ですので、そちらへの転職というものも考えてみていいでしょう。しかし、注意しなければいけない事もありますので、そちらを解説します。

外資系の転職活動でネックになると言われているのが、面接です。実際に、面接で落とされる方が多いです。実は面接で行ってはいけないといったこともあるわけです。NGコメントというものです。ですので、外資系への転職を狙っている方は注意してください。

語学が堪能ではないというアピール

13

外資系に勤めるわけですので、ある程度の語学力がどうしても求められます。特に英語は一定以上はできなければ戦力としては認めてもらえません。しっかりとした英語ができるというアピールをする必要があります。

しかし、どうしても謙遜してしまう方もいます。謙遜は全く意味がありません。しっかりと自分の実力を答えましょう。仮に実力がなければ、外資系のわざわざ採用するようなことはしないでしょう。会社は教育機関ではありません。

こちらについては、「社会人のマナー!転職の面接で成功する方法」について一部紹介しました。外資系の転職で最大のネックとなる部分でもあります。参考にしていただきたいところです。

会社に入ってから仕事に慣れるという趣旨の発言

外資系の転職は特に即戦力を求める傾向が強いので、会社に入ってから頑張るといった趣旨の発言は控えてください。入ってすぐに活躍できるといった印象を残す必要があります。自分にはどういったスキルがあるといったアピールができると強みになるでしょう。

大事な事!
主に、経験談や知識、性格などで魅力的なものを述べられるようにすると大きなプラスにもなるはずです。かえってそれらができないと、面接では失敗します。うまくいかなければ転職サイトのコンサルタントに頼るのもおすすめです。