綺麗に退社をする方法を考えましょう!

転職が決まった場合には、いま働いている仕事を辞める必要があります。どのように円満退をするのか考えてみましょう。

退社時ですが、転職先が同じ業種という事も多いでしょう。同じ業種になると、今後も働いていた会社と何らかのかかわりがあるケースも存在しているわけです。そうなると問題は起こさずに退社したいとなるでしょう。

しかし、実際に退職時にいろいろと問題になってしまう事もあります。そういった状況を作り出さないように対処しなければいけません。社会人のマナーにも関わってくる問題です。今後の転職時にも役立ちますので、こちらの記事で覚えてしまいましょう。

理由について

退職をする時に、その理由に恨みを含めてはいけません。実際に、何らかの原因で仕事はやめることが多いでしょう。中には、会社に対してマイナスの感情をいだいているという事もあると思います。

言ってはいけない理由として、上司に対する不満というものもあります。さらに会社に対して、給与が少ないというようなことも言わないようにしましょう。それが本当の理由だとしても、悪い印象を残してしまいます。
お勧めの退職理由について
前向きなものに終始することです。何か挑戦したいことがあるというような方向性もあるでしょう。女性でしたら、寿退社というものも正当な理由になります。結婚を期に転職を決断することも多いです。他にもいろいろとあるので以下に紹介します。

18
 将来を考えて退職して勉強したい
 海外留学をする
 親を介護しなければならない
 キャリアアップをするためにほかの仕事も経験したい
 育児に力を入れたい
 旦那さんが転勤した

以上のものがあります。嘘をつく必要はありませんが、自分の心境や環境に近いものを選ぶのがおすすめです。また、「一身上の都合」と理由を答えない方法もありますが、必ずといっていいほど理由は聞かれることになるでしょう。

まずは上司に伝える

退職を伝える相手ですが、必ず直属の上司にしてください。そしてその上司から社長や同僚に伝えられるようにしましょう。仮に上司に言う前に漏らすと、職場が混乱してしまう事もあります。上司に告げればうまく対応してくれますので、任せてしまいましょう。