圧迫面接とは!?解決法も考えよう

面接は通常のものだけではありません。実は圧迫面接というものもあります。もしも、そういったものが行われたらどうしたらいいでしょうか。事前にその内実をチェックしておきましょう。
19

圧迫面接というものですが、実際にかなり多く行われていることが分かっています。今後も行われるケースがあるとも言われています。悪い態度で面接官が接してくるいこともあります。困るような質問をしてくることもあります。

圧迫面接をすることでこちらの対応などを確かめているとも言われています。実際にそのようなことが行われることがあるという事はしっかりと認識しておきましょう。自分は今、試されている、というような事を考えておくことがどうしても必要になります。

圧迫面接の実例まとめ

○回も転職しているなんて、飽きっぽい性格なんじゃない?

転職回数が多い方に対する圧迫面接の常套句となっています。転職理由を冷静に述べるなどで対処してください。明確な転職理由などを述べることができないと、さらに突っ込まれてしまいます。圧迫面接としては初歩的なものです。

 この会社に入ることによってどのような得があるのか?

こちらの質問の定番です。自分を採用したら、会社にどのような得があるのかをしっかりと伝えましょう。まだ働いているわけでもありませんので、明確に述べるのは難しいかもしれませんが、自分の長所などを織り交ぜて答えましょう。

 ○○という趣味はどこがおもしろいのですか?

趣味に対するクレームのような話をされることもあります。特殊な趣味を履歴書に掲載している方は、このような質問をされることもあるので注意してください。趣味の説明を上手くできるようにしておきましょう。

 大変だけど高収入、安くてもやりがいがある仕事、どっちがあなたは好きですか?

結論から言えば、どちらを選択しても問題ありません。しかし、なぜそちらを選択したのか、という事をしっかりと説明しなければいけません。少し考えて、自分なりの納得できるような答えをみつけて答えましょう。

 当社の弱点はどこにあると思いますか?

かなり難しい質問になると思います。会社批判になってしまってはいけません。また、こちらの質問はその会社についてしっかりと調べていなければこたえられないと見越しているわけです。ある程度の答えはできるように、調査しておきましょう。

対処法

とにかく冷静になることです。挑発するような質問が来ることもあります。それを軽く受け流すような技術も身に付けることが必要になります。頭には血がのぼらないようにしてください。冷静な対処ができるかを会社側はみています。