女性転職活動者が知るべき事!ブラック企業の見分け方とは?

いま話題なのがブラック企業です。労働者に対してひどい仕打ちをする企業になります。そういった企業に転職しない方法を考えなければいけません。

そもそも、ブラック企業はどういった事を行ってくるのでしょうか。そのような部分についてもまずは知っておくのがおすすめです。以下にそういった会社で勤めてしまう事かを知っておけば、そちらで働かないで済む事になるかもしれません。

 ブラック企業で行われていること

 度を超えた長時間労働
 度を超えたノルマ設定
 業務とは無関係な研修
 パワハラ・セクハラ
 サービス残業
 短期雇用で社員を切りすてる
 試用期間が長い
 退職に追い込んでくる

以上が一部の特徴になります。ひとつでも当てはまる会社は結構あると思います。ブラック企業というものは思ったよりも隠れていることが多いので、注意してください。特に転職を予定している女性はそういった会社を選ばないようにしましょう。

ブラック企業の見分け方について

求人広告をチェック
求人広告に、「幹部候補募集」や「若い人が活躍中」、さらに「がんばりを直接評価」、といった文言が掲載されているとブラック企業である可能性が高いです。魅力的にも聞こえるわけですが、別の見方もありますので注意してください。

まず、幹部候補募集という事ですが、責任が課せられることが多いです。働いてすぐに責任を持たせられるのはかなりの負担です。さらに若い人が多いという事は離職率が高いと考えられます。頑張りを評価してくれるという事は歩合制になっている可能性も高いです。

 給与の範囲が広い

求人広告を見ると、給与の例が20万円から45万円と記載されていることもあります。そのような給与に幅がありすぎる会社も要注意です。実際にどの金額で働かされるのかも分かりません。基本的には少ない額の方で働きはじめるわけです。
20
 実際に会社に見に行く

会社の就業時間が19時であったとしても、深夜まで電気が付いていることがあります。深夜まで残業を会社がさせている可能性もあります。実際に会社を見に行くことでブラック企業を見抜くことができるわけです。