月給制と年棒制の違いを解剖してみました

初めての転職は、何かと難しい事も多いです。転職に関する基礎知識という面も考えなければいけません。例えば月給制と年棒制の違いってわかるでしょうか。大切な部分なので理解しましょう。
24

働くうえで、給与の考え方としては、「月給制」と「年棒制」というものがあります。中には、どちらかでなければ嫌だという方もいるかもしれません。しかし、どちらが良いかも知識がなければ判断することもできません。

また転職求人情報などをチェックする時でも、「月給制」または「年棒制」と明示されていることもあります。しかし、理解していなければ、書かれていてもどういった給与体系になっているかも分からないでしょう。そのまま転職活動をするのは危険な事です。

月給制について

 変動する給与システム

月々によって支払われる給与がアップダウンするものになります。安定していません。年収額が確定されていませんので、予想年収というものを上回ることもあります。一方で、下回ることもあるわけです。計画通りの生活をしたいという方には向いていないかもしれません。

業績にも大きな影響を受けます。よければ、月給額はアップします。しかし、悪い時には賞与がカットされることもありますし、月収も減らされることがあります。たくさんもらえる可能性もあれば、上手くいかないこともあるわけです。

年棒制について

固定報酬システム
年棒制は毎月同じような金額を頂くような形になります。月給制と違って、毎月の金額が変動することはありません。安定した給与体系になっています。計画的な生活を送りたい方に適しています。

月収の中身としては、まずは年収額があります。そして賞与をそちらからカットして12で割るといったイメージになります。500万円の年収で賞与が100万円でしたら、残りの400万円を12カ月で割ります。月収は約33万円になるわけです。

住宅ローンがある転職者について

住宅を買ったばかりで転職されるケースですが、年棒制がおすすめです。毎月一定の金額が必ずいただけます。月給制の倍は少しギャンブル的な要素もあるので、注意して対応をしなければいけないわけです。月給制にしたとたん、月に数万円も収入が減ったという事もあるほどです。