アルバイトから正社員への転職法を考えてみた!

アルバイト・パートのみしか経験していない方も多いでしょう。しかし、正社員として働きたいと希望を持っていたら、転職をされることがおすすめです。しかし、困難が待ち受けていることは間違いないでしょう。
25

そもそも非正規雇用で働いていた方が、正規社員として働くのはそう簡単なことでもありません。採用者側にとっても、よほど魅力的な人物でなければ採用しないケースもあります。では、どのような転職活動をすればいいのでしょうか。

社会人のマナーをわきまえる

アルバイトのみしていた方のイメージは、やはり社会人としてのマナーができていないというものがあります。そう思われてしまう事は気をつけなければいけません。「アルバイトしか経験していないから・・・」と思われてしまうのはマイナスです。

面接時の服装なども注意しましょう。レディーススーツもしっかりとしたものを着用すべきです。相手にもやる気が伝わってきますので、スイーツ姿は大きなプラスになると言っても過言ではありません。スーツ姿自体が社会人のマナーになります。

髪の毛にも注意
バイト時代は、髪の毛の色や髪型は自由という事もあったかもしれません。正社員として転職したい職場も、実際に自由というところもあるでしょう。しかし、明るい色にはしないでください。また髪の毛が長ければ、顔にかからないようにピンを利用しましょう。

アルバイトの経験が生きる職場を探す

アルバイトであっても、その経験が転職先の職場でもいきる場合があります。やはり全く経験がないよりはプラスに考えられることもあるわけです。販売経験があれば、販売の仕事を探すわけです。営業経験があれば営業の仕事を探すといった具合です。

「未経験OK」の仕事を探す

転職サイトを見ていると多く見受けられるのが、「未経験OK」という情報になります。実際に、その職種で働いた経験がない方でも仕事ができるといった意味合いのものになります。アルバイトやパートの経験しかない方でも働ける可能性が高いです。

経験が必要な仕事ですが、非正規社員についてはほとんど働くことはできないと思います。よほど魅力的なものがなければ難しいと思っていただいて間違いありません。そちらを避けていただくのが非正規社員から社員への転職方法の一つです。