医療事務資格の豪華う率を調査!

いま女性に人気の資格と言えば、医療事務があります。資格の種類としてもそれほど難易度が高くないところも人気の秘密です。
2

こちらでは、医療事務の合格率について述べさせていただきます。低いものではなく、比較的高いものになりますので、安心して目指せる資格という事が分かっていただけると思います。やる気になっていただけたら当方としてもうれしいです。

さらに合格するためには合格基準を知らなければいけません。そちらについても簡単に解説しますので、参考にしてください。大きなテーマになるのが正答率というものですので、覚えておきましょう。

合格基準について

まず基礎知識として、どうすれば合格できるのかをチェックしましょう。学科試験と実技試験があるわけですが、それぞれ70パーセント以上の正答率でなければ合格することはできません。ただ30パーセントは間違えても良いという考え方もできます。

試験の難易度としてもそれほど高くはありません。ですから、70パーセントの正答率というもの自体は大きな壁にはなりません。取りこぼしさえしなければ、突破できます。もちろん、努力は必要です。確実に合格できるような勉強をしてください。

医療事務の合格率とは?

50パーセント前後!
それぞれの試験によってかなりの差がありますが、毎年だいたい半分程度の方が合格しています。資格試験として50パーセントという数字は高いものではありません。数字から見ても合格できる可能性はかなり高いです。

ただ、注意しなければいけないのが、通信講座などで勉強した場合の合格率です。それぞれの講座で合格率に違いが出てきます。40パーセント台というところもあれば、70パーセント近い合格率を誇るところもあります。

講座によって、合格率が違うというものにも注目しましょう。特に通信講座選びをしている方は、その合格率を確認したうえで、どちらを選ぶかを決定されるのがおすすめになります。業者の中には公表しているところもあるので、その情報を参考にしてください。