行政書士の仕事を徹底解説|どんな仕事をしているのか

報酬が高いのが行政書士の仕事です。資格取得の魅力あふれる存在ですが、その仕事内容につて調べてみました。

憧れだけでは仕事というものはできません。仕事を続けていくためには、前もってどういった仕事を行うのか知らなければいけません。行政書士についてもどういった詩仕事をしているのか調べてみましょう。

業務内容を確認することで、自分にあっているのか、それともあっていないのかも判断できるようになります。まずは知識として仕事内容を頭に入れましょう。それでは以下に紹介します。

法律に関わる仕事

4
さまざまな法律があるわけですが、その専門家として仕事をするのが行政書士になります。また、近年法改正が行われました。その結果、職務内容が大幅に拡大されてきています。多岐にわたる仕事ができるわけです。

 代表的な行政書士の業務

 書類作成業務
 書類提出手続き代理業務
 契約書等代理作成業務
 相談業務

一般の方にとっては正式な書類の書き方や、契約書の書き方などが分からないケースも多いです。そういった時に助けてくれるのが、行政書士です。主な仕事内容としては書類の作成があると思っていただいて間違いありません。

近年になってできるようになった業務
官公署提出書類の提出手続きの代理ができるようになりました。それだけではなく、上記しましたが契約書などの書類を代理作成もできます。企業にとっての法務コンサルタント的な業務もできるようになりました。

独立開業も可能

行政書士事務所というものを見たことがあると思います。実は、独立ができる仕事になります。自分のしたい仕事だけ選んですることもできるわけなので、夢があるのが行政書士です。
就職・転職にも有利

開業だけでなく、就職時や転職時にも活躍してくれます。難関資格を取得した実力というものを認めてくれます。さらに企業にとっても行政書士としてのスキルが魅力的であるからです。ちなみにこちらの資格を持っていると、資格の知識を持っているというアピールになるという事は覚えておきましょう。