マイクロソフトオフィススペシャリストの合格する秘訣!

パソコン関係の資格にマイクロソフトオフィススペシャリストがあります。女性ではあまり行わないことが多いパソコンですが、そのスキルを証明できる資格です。
5

マイクロソフトオフィススペシャリストの資格を取得するためにはどうしたらいいでしょうか。そちらについて考えるのがこちらのページになります。勉強法や資格試験の内容などを述べますので、参考にしてもらえたら幸いです。

マイクロソフトオフィススペシャリストの勉強法

独学勉強法
対策ができる教材というものがあります。そちらを利用して自分で勉強することになります。自分でスケジュールを立てて勉強するようなことが好きな方におすすめできる勉強法です。ただ、意思が強い方でなければ途中で脱落することもあります。

 Excel 2010
 Word 2010
 PowerPoint 2010

以上のような対策教材が実際に存在しています。得意分野や不得意分野があるはずです。穴を作ってはいけませんので、特に不得意分野を積極的に勉強してください。独学でマイクロソフトオフィススペシャリストの資格をゲットするコツになります。

スクールに通う

独学が不安な方はスクールに通う事がおすすめです。パソコン系の資格を取り扱う専門学校などがあります。そちらで勉強することができます。講師の方に直接教えてもらえますので、効率的に勉強できます。

 まとめ

独学にするかスクールに通うかという事を考えると思いますが、シンプルに選んでみましょう。普段からパソコンに慣れ親しんでいて、Excel・Word・PowerPointをよく利用している場合には、独学でも構いません。

しかし、あまりパソコンを操作した事がない方がいきなり独学でマイクロソフトオフィススペシャリストの資格を取得するのは難しいです。まずは操作から覚えなければいけません。時間がかかるので効率的に勉強するためにもスクールに通いましょう。

試験について

全国一斉試験と随時会場で試験が受けられるものになります。何度でも受けられますので、受かるまでチャレンジすることが可能です。ただし、試験には二つの難度が用意されています。

 スペシャリストレベル(一般)
 エキスパートレベル(上級)

以上の二つになります。自分の理解度、操作度に合わせてどちらを受けるかを決定しましょう。出来ればスペシャリストレベル(一般)に合格した後に、エキスパートレベル(上級)にチャレンジするべきです。