キャリアアップとFPの資格について

よく聞く資格の一つがファイナンシャルプランナーです。いったいどのような資格になっているのでしょうか。

ファイナンシャルプランナーですが、実はキャリアアップが目指せる資格として知られています。なぜキャリアアップが目指せるのかについても考えてみましょう。どのような仕事ができるのかなどの資格の特徴についても解説させていただきます。

ファイナンシャルプランナーとは

6
 税金
 保険
 年金

上記のような生活には欠かせないものを取り扱っている資格といっても良いでしょう。そちらの知識を持っているのはもちろん視野も広いという事になります。また、近い資格には社労士・税理士・証券外務員・宅建があります。

ファイナンシャルプランナーの資格だけでは、独立というものは難しいです。しかし、上記した資格と組み合わせると独立できることもあります。そのような可能性が秘められているのが、こちらの資格の大きな特徴となります。

仕事に関する特徴

ファイナンシャルプランナーでは、様々な分野をフォローできる資格になります。上記した、税金・保険・年金だけではありません。金融や不動産というものに対してもフォローできる資格になります。ですので、働ける職場も思った以上に多くなります。

 金融機関
 不動産会社
 保険会社
 住宅メーカー

以上のような業種でも働くことができます。専門的な知識を持っていると判断されまして、ハイレベルな仕事を任せられることもあります。やりがいなる仕事ができるという事で注目されています。

キャリアップについて

ファイナンシャルプランナーでは、様々な分野についての知識が深まります。会社としても必要な人材になります。出来る業務が多くなり、様々なアドバイスや提案をすることもできるようになります。結果として、出世に役立つわけです。

主に企業内ファイナンシャルプランナーとして活躍している方も多いです。結果的に転職を資格の陰で成功させた人も多いです。年収が大幅にアップすることもあるなど、見逃すことができない資格の一つです。