司法書士の資格試験について|合格のコツとは

年収が良いことでも知られる司法書士ですが、資格試験を解剖してみます。最難関資格の中身とはいったいどのようなっているのでしょうか。
8

司法書士には何年間もチャレンジしている方も多いです。難易度はかなり高いです。そのような資格を狙う時には、その資格の中身というものをしっかりと調査することです。試験内容の徐穂を集めてください。その手伝いをこちらのサイトでも行います。

ちなみに、司法書士のちょっとした情報は、「女性が高収入を目指すために必要な資格ベスト5」にも掲載しています。司法書士の譲歩を集めたい方は参考にしてください。

司法書士試験の合格率とは

 3パーセント弱

驚異の合格率の低さとなります。真剣に勉強している方ばかりです。それでいてそれだけしか合格率がありません。30人に1人程度しか合格できないという事になります。国家資格の中でも最難関です。

合格者は1,000人未満

毎年の合格者数は、1,000人未満が多いです。出願が30,000人強で受験が25,000人強といった数字になります。そのほとんどの方が不合格になってしまうわけです。いかに難しい問題が出されるかが、うかがい知れます。

試験の内容について

午前と午後に別れています。午前9時30分から夕方の16時までになります。かなり長丁場の試験になるわけです。主要4科目があり、その他に7科目があるといった内容になります。出題範囲が非常に広いことでも知られています。

総合的な勉強が必要
膨大な出題範囲の中から問題は作成されます。ですので、一夜漬けなども一切通用しません。山を当てるという事も実質的に不可能です。長丁場の勉強をコツコツと積み上げるしかないと思ってください。
マークシート式と記述式あり

ほとんどの問題がマークシート式になります。主要4科目とその他の7科目がマークシート式です。記述式は、不動産登記法と商業登記法の2科目になりますので、そちらもチェックしてください。記述式の配点は少なめですが、穴にするわけにはいきません。