メジャーな資格!簿記の資格について

最もポピュラーな資格が簿記です。女性に人気が高く取得率も高いです。しかし、どんなことに役立つかはあまり知られていません。
12

では、簿記という資格は、実際にどのようなことに役立つのでしょうか。目標を決めて資格を取得するためにも、考えてみましょう。役立つことが分かれば、やる気にもつながってくるはずです。仕事にも実際に役立ちますので、注目してください。

ビジネスと簿記

経理の仕事と密接に結びつくのが簿記という資格になります。会社にある経理部などで仕事をすることができます。企業経営の成果などを確認するような仕事や財政状態を明らかにすることもできるわけです。企業にはなくてはならない存在が経理です。

他の資格と関連している!
簿記で勉強する内容は、税理士や公認会計士、そしてファイナンシャルプランナーや中小企業診断士といった、「女性が高収入を目指すために必要な資格ベスト5」でも紹介した素晴らしい資格の登竜門になります。

実は勉強範囲がほとんど株っている資格もあるほどです。有名なのが税理士でしょう。簿記1級の内容と税理士の勉強内容はほぼ一緒です。1級を取得できれば、そのまま税理士試験を受けることも可能とまで言われることもあります。

それだけの資格ですか、就職や転職の大きな武器になります。しかし、主に武器になるのは1級と2級です。3級と4級については、ほとんど役には立ちませんので注意してください。

実生活と簿記

 資産運用に役立つ

株取引などをする時に役立つ資格になります。企業の経営状態などを確認することができる知識が身につきますので、資産を増やしたいという方にお勧めの資格になります。どこに投資したらいいのかも見えてくるわけです。

 副業について

簿記の資格があれば副業をする時でも安心です。税金の考え方も理解していますので、副業についても困るようなことは一切ありません。減価償却の考え方や経費の取り扱いなども知ることができますので、節税対策も可能になります。