資格対策!宅建の資格を効率的にゲットしよう

女性の収入を安定させる資格として、宅建というものがあります。その資格を確実に取得するためにも、資格試験の傾向をチェックしましょう。

宅建というものですが、正式名称は「宅建取引主任者」といいます。資格試験を受ける方はどんどんと増えています。資格試験の傾向ですが、問題数や必要正答率などを確認しましょう。さらに、どういった問題が出やすいかも確認してみます。

試験範囲について

15

かなり膨大になります。幅広い勉強が必要になりますので、それをネックと捉える方が多いです。しかし、それほど心配する必要はありません。後ほど、なぜ勉強範囲が膨大なのに心配する必要がないのかは解説します。

 民法
 不動産登記法
 建物の区分所有等に関する法律
 借地借家法

以上のような法律から出題されることになります。ただ、それだけ範囲が広いにもかかわらず、そちらから出題される問題はわずかです。傾向をつかんでしっかりと対策できれば、確実に試験を突破することができます。

問題数と必要正答数

50問が出題
全部で50問になります。問題数としてはそれほど多いといったことになりません。しかし、問題が少ないので、1問のケアレスミスが痛いです。確実に突破できるように対応していただきたいと思います。
70パーセントの正答で合格

50問のうちだいたい70パーセントを正答していることが必要です。ですので、35問が正解していることが望ましいです。近年では、50点満点中33点から36点の間が合格基準点です。ですから35点が、大きなテーマになります。

勉強のコツ

出題されるものの傾向をつかむことが必要です。実は、宅建の試験は、過去に出た問題が出やすいです。いわゆる、同じような知識を問う問題が繰り返しだされる傾向が強いです。全体の70パーセントから80パーセントがそうとも言われているほどです。

ですので、過去に出題された範囲を確実に勉強してください。前記したようなは範囲が膨大になる試験ではありますが、過去の問題をスラスラ解けるようになっただけで合格得点を突破できる場合もあるわけです。