社会保険労務士の業務内容を調べてみました

社会保険労務士は社労士とも訳される資格です。資格取得を目指している方は仕事内容を理解したうえで、勉強をすると身も入るものです。

社会保険労務士ですが、仕事内容を詳しく知っている方はあまり多くはないかもしれません。しかし、社会にとってはなくてはならない仕事になります。主な仕事は3つに分けられます。手続代行業務や書類作成業務、そして書類作成業務です。それらを詳しく解説させていただきます。

社労士と手続代行業務

 雇用保険
 健康保険
 厚生年金保険

上記したような保険についての手続きなどをする仕事になります。企業のための仕事内容になります。それらの各種保険に関する書類を作成する仕事を行います。さらに、煩雑になる手続きの代行を行います。

社労士と書類作成業務

書類については主に、賃金台帳や就業規則の作成を行います。形式にそった書き方が社労士はできますので、重宝されています。特に企業したばかりの会社などはこちらの業務を依頼するケースが多いわけです。

社労士とコンサルタント業務

年金や保険のスペシャリストになるのが社労士です。ですので、そういった相談を受けたり、アドバイスをしたりするようなコンサルタント業務も行います。人事制度や退職金制度などのアドバイスもしますし、社員教育などの相談などを受けることもあります。

これからの社労士の仕事

16

現状で、将来的にはさらに社労士のニーズが高まると想定されています。少子高齢化が顕著になってきました。これからの時代は社会保険制度の専門家の力が非常に必要になります。

社労士は、社会保険制度の専門家になります。正しい情報を多くの方に伝えることができます。責任ある立場となりますので、信頼がありまして、いろいろと相談されることも多くなるわけです。

女性の社労士も増加中
昨今の社労士試験の合格者ですが、3割程度が女性といわれています。女性の社会進出を助ける資格としても知られています。簡単な資格ではありませんが、将来的に独立も視野に入る資格の一つです。夢のある資格と言っても良いです。