介護の職場に就職しよう!介護福祉士について

介護の現場で働きたい方は多いです。求人も多く、安定した仕事ができると考えられているからです。
17

その介護の現場を働きやすいものにするためには、資格が必要と言われています。介護福祉士というものです。実際に、そちらの資格を持つと介護現場で働きやすくなるのでしょうか。人気の資格でもありますので、調査してみました。

介護の専門家であることを証明

介護福祉士の資格を持っているという事は、介護の世界のプロフェッショナルであるという証明になります。その資格を持っていることで、介護の現場で責任のある仕事を任せられるといったことも実際にあるわけです。

介護現場で働きやすくしてくれる資格という事がはっきりと言えます。なんといっても国家資格という点は大きな存在になるでしょう。周囲からの信頼感や評価も資格を持っているだけで随分とあるものです。確かな介護スキルを持っている証明になるからです。

待遇の変化について

介護の現場で働く時に介護福祉士の資格を持っていると待遇が大きく変化することもあります。顕著に表れるのが、収入のアップというものです。資格を取得した途端に、昇給したという事例もあります。同じような仕事でも評価が変わってくるわけです。

具体的には、資格手当がつくというものです。各職場の方針によって金額が変わってきますが、基本的に介護の職場では、資格手当は準備されていることが多いです。さらに責任ある部署を任せられるようになり、キャリアアップができたという方も多いです。

介護福祉士の試験の注意点

2015年から試験制度が変わってしまいます。受験資格に新しいものが加わってしまいます。そうなると、実際に受験するまでに大きな時間がかかってしまう事もあります。なるべく早く取得してしまうのがおすすめです。

 現行の受験資格(どちらかをクリアする必要があります)

 介護に携わった実務経験が3年以上あること
 福祉系高等学校の卒業者

資格取得が難しくなる!
以上の受験資格に、「介護に携わった実務経験が3年以上」のほうに450時間の研修受講が含まれてしまいます。福祉系高校に言っていた方は良いですが、それ以外の方で介護福祉士になりたいという方には、ハードルができてしまいます。