ケアマネージャーの資格を取得すればどう変化するのか

資格を取ったらどこで働けるのかを知ることが必要です。では、ケアマネージャーの資格を取得するとどういったところで活躍できるのでしょうか。
18

ケアマネージャーが働ける現場はとにかく多いです。介護・福祉・保健分野に就職や転職ができる資格になりますので、それら関わりがあるところで活躍ができます。それでは一つずつ具体的にケアマネージャーとして活躍できる現場を述べてみます。

ケアマネージャーが働ける職場とは

 有料老人ホーム
 グループホーム
 ケアハウス
 社会福祉協議会
 介護老人福祉施設
 介護老人保健施設
 介護療養型医療施設
 保健福祉センター
 保健センター
 地域包括支援センター

これでもまだ一部になります。他にも様々な現場で仕事ができます。ケアマネージャーとしていろいろなところで働けますので、メリットとしては地元でも仕事ができるという事です。上記の施設が地元にある方も多いでしょう。通勤が楽になる可能性が高いです。

それらの職場での仕事ですが、介護保険のスムーズな運用というものになります。介護保険を利用している方がいるところが職場になるわけです。その介護保険の内容をしっかりと理解したうえで仕事をすることが求められます。

ケアマネージャーの受験資格

国家資格を持っていると受験資格が与えられることがあります。医師、歯科医師、介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士等になります。多くの資格が対処なので、何らかの資格を持っている方は対象になるのかを確認してください。

国家資格などを持っていない場合でも受験することは可能です。その場合には、相談援助業務や介護などの業務の経験が一定期間以上必要です。クリアしているか確認してから試験に申し込んでください。

試験内容

ほとんどでマークシート方式を採用
選択式の問題になることが一般的です。全問がマークシートですので、比較的ではありますが楽と言ってお良いかもしれません。論文式の問題が出されることもありません。実技試験があるわけでもありません。5つの選択肢の中から選ぶ試験が主体と覚えておきましょう。