インテリアコーディネーターの注目ポイント|自分の住まいにも活かせる!

女性の資格取得の中でも注目してほしいのが、インテリアコーディネーターというものになります。じつは、自分の住まいにも活かせる資格になるのでお得です。
21

ビジネスに役立つ資格は多いです。もちろん、それも大事ですが、プライベートでも役立つような資格はさらに重宝できる存在です。インテリアコーディネーターの資格ですが、ビジネスにもプライベートにも行かせます。

こちらの記事では、特にプライベートでどのように活かせるかを解説します。実生活で役立つ資格と分かれば、がぜん資格取得の勉強もはかどるはずです。自分にとって必要性があるかを考えるきっかけにもしてください。

新築住宅の購入について

インテリアコーディネーターの資格を持っていると、住宅の購入に有利になります。施工業者との交渉も行う事ができます。正しい住まいの知識というものを持っています。見積り額についても適正であるかが判断できるようになります。

さらに、建材や部材についてのチェックもできます。どのような質のものを使っているのかも判別ができるようになります。使ってもらいたい、建材や部材がある場合には積極的に業者との話し合いもできるわけです。

リフォームについて

住宅についても、10年くらいたってくると様々な部分を直さなければいけません。リフォームの時期は、どの住宅にもやってくるわけです。リフォームをする時にもインテリアコーディネーターの資格がいきます。

どのようなテーマを持ってリフォームをしたいのか、という事を業者と話し合う事も出来ます。こちらの意図の伝え方もうまくなりますので、安心してリフォームすることもできると評判です。

ビジネスでのメリット

補足情報としてビジネスとインテリアコーディネーターについても解説します。主に、設計事務所や住宅メーカー、リフォーム業者などで働くことができます。インテリアの専門家として非常に重宝される存在です。

非正規雇用あり!
さらにパートとして、インテリア・雑貨のお店、ホームセンターなどでも働きやすくなります。ビジネスの世界でも、思った以上に役立つ資格であると理解していただけると思います。