調理師になるための試験対策!着実に突破しよう

女性の中には、料理がとても好きという方も多いです。そのすきを資格に活かしてみるという考え方もあります。調理師資格というものです。
22

そもそも、調理師というものは、安全な料理を作る存在です。調理のプロフェッショナルといったものになります。食品にとって大切な、栄養や衛生、そして調理法についての知識とスキルを持っている存在です。

その調理師になるための試験の内容をこちらで解説します。実はとっても簡単な試験になります。しかも合格率は非常に高いです。難易度が低く、合格しやすいという部分もこちらの資格が人気になっている一つの理由になります。

マークシート式の試験

調理師の試験は、記述式ではなく、選択式のものになります。いわゆる、マークシート式の資格試験となります。しかも、驚きのことになるかもしれませんが、筆記試験のみとなります。実技や実習というものは必要ないです。

しかも、マークシート式の問題については、4択になります。少なくても25パーセントの確率で正解できるものになります。分からない問題があっても、正答しやすいといわれています。2択まで絞ることができれば、半分の確率で正解できます。

合格正答率について

年度によって異なりますが、だいたい60パーセントの正答率があれば合格できるといわれています。4択の問題を60パーセントという事になりますので、ある程度の勉強ができていれば合格できる可能性は高いです。

しかも、合格者の人数が前もって決められているわけではありません。合格ラインに到達できれば、そのまま合格して調理師の資格を持つことができます。1発合格している方も多いという特徴もあります。

受験資格について

実務経験が必須
調理師試験を受けるためには、実務経験が必須ですが非正規雇用でも問題ありません。2年以上調理業務を行っていれば、条件はクリアされます。非正規雇用の場合は、週に4日以上で、1日6時間以上の勤務が必要になります。