管理栄養士の資格を要チェック!職場にも注目

栄養指導ができる資格として、管理栄養士があります。管理栄養士になればどのような職場で働けるのでしょうか。
23

資格を取得する時には、その資格がどういった役割を持っているのかを知らなければいけません。実際に、管理栄養士というものも、大きな役割があります。その役割を知るためには、職場をチェックする必要があります。

働ける職場を知っておくことで、自信がどのような方向性を持てばいいのかも考えられます。目標というものが持ちやすくなります。実際に活躍の場が広いのが管理栄養士ですので、職場も多岐にわたると思ってください。

医療・介護系分野

 病院や診療所
 福祉施設

食事などに制限があるような方がいる場所で仕事があります。病院食などを監修するようなこともあります。また、病気によっては特定の栄養素などを取っては行けなかったりする場合もあります。そういった時の指導を行うわけです。

老人福祉施設などでも、しっかりとした食事が効率的にできるように指導を行っています。入所者それぞれの取るべき栄養素などを考えるわけです。栄養バランスなども、しっかりとチェックすることが重要です。

その他の職場

 スポーツ分野
 レストランなどの飲食店の分野
 学校施設などの分野
 研究機関などの分野

以上のような職場が考えられるわけですが、非常に多いという事が分かります。結婚をして住まいを変えた場合でも、すぐに新しい職場を探すことも可能です。環境の変化にも強い資格です。

転職ができることも

資格を武器に新しい職場を探すこともできます。管理栄養士を求めている職場は思った以上に多いです。ここまで解説したように様々な現場で働けるわけです。選択肢が多くなりますので、年収などのアップも十分に目指せます。

手当を得られる可能性もあり!
資格手当というものも狙えます。管理栄養士という資格を持っているだけで、報酬が達成できるわけです。月々の金額は少ないですが、年単位などで考えると大きな差になるので注目してください。