パートは有給休暇を取得できるのか

有給休暇は、非常に便利なものです。休んでも給料がいただけるというシステムになっているからです。それがパートタイマーでいただけるのかという事を解説します。


9
有給休暇と言えば、正社員のみの制度と考えられることも多いです。パートで働いている女性には関係ないと考えられがちです。実際に、パートやアルバイトで仕事をしている方で、有給休暇をもらっているという話はなかなか聞かないものです。

労働基準法には明記されている

実は、アルバイトやパートについても有給休暇を与えなければいけないと、明確に労働基準法に掲載されています。ですので、現状ではほとんどの雇い主がそれを守っていないということになります。

仮に、有給休暇を与え続けないでパートやアルバイトに働かせ続けるとけると、大きな問題に発展することもあります。労働基準監督署のほうの指導が入るケースもあるので、雇い主に関しては、その点は真剣に対策を考える必要があるわけです。

有給休暇制度の詳しい内容について

有給休暇については、労働日数によっていただける日数に違いがあります。パートの方は、特に労働日数におおきな差があります。自分がどれだけ仕事をしているかで、もらえる日数が変わってくると理解しましょう。

 週勤務日数が1日のケース:半年で1日/1年半で2日
 週勤務日数が2日のケース:半年で3日/1年半で4日
 週勤務日数が3日のケース:半年で5日/1年半で6日
 週勤務日数が4日のケース:半年で7日/1年半で8日

有給休暇はもらえる!
多くの職場では就業規則で上記のものが設定されているはずです。正社員に比べると少し少ないものになりますが、きちんと有給休暇はいただけるという事が理解できると思います。
正社員と同水準になる例も

注意して欲しいのが、常勤基準は週30時間未満の労働者の場合です。パートタイマーであっても、週に30時間以上働くケースもあります、その場合には、正社員と同水準の有給休暇を与えなければいけないという決まりがあります。

支給額について

その日にいつもと同じような時間勤務したとして支給されます。時給が900円でいつも7時間勤務していたら、1日当たり6,300円が支給されることになります。その日は出勤したものとして、支払われるのが有給休暇という制度になります。