薬剤師とドラッグストアで働ける資格とは!?

ドラッグストアや薬局で働けるのは薬剤師です。しかし、それだけではありません。実は登録販売者の資格を持っている方でも働けます。

まずは、薬剤師と登録販売者の違いを考えてみましょう。職場は同じであるにもかかわらずその内容には違いがありますので、登録販売者の目指す方は知っておくべきです。さらに、登録販売者の資格取得で、どのようなメリットがあるのかもチェックしましょう。

薬剤師と登録販売者の違い

26
 ドラッグストア
 薬局

職場としては、基本的に同じところになります。ですので、働く場を考えると、薬剤師と登録販売者には違いがありません。ただ、取り扱いできる医薬品に違いがあります。非常に大きな差になる場合もあります。

登録販売者については、第2類医薬品と第3類医薬品の販売が可能になります。一方で薬剤師は第1類医薬品の販売ができるようになります。薬局やドラッグストアの形態によっては、以上の差はかなりのものになります。
第2類医薬品と第3類医薬品が医薬品のほとんど
特にドラッグストアの場合ですが、取り扱っている医薬品のほとんどが第2類医薬品と第3類医薬品になりますので、第1類医薬品が取り扱えないと言っても、あまり大きな心配をする必要はありません。ニーズも高いです。

そもそも、医薬品を全体で見ると第2類医薬品と第3類医薬品は90パーセントを占めるとも言われています。薬剤師が不足している昨今では、登録販売者の価値がうなぎのぼりです。

登録販売者になるメリット

 転職が有利に

医薬品を取り扱うような小売店などへの転職が圧倒的にしやすくなります。小売業への転職を考えている方は、持っておきたい資格の一つになります。履歴書に記しておけば、大きなアピールにもなります。

さらに、薬の専門家になるわけなので、職場を探しやすいです。全国に薬局やドラッグストアがある点も大きな魅力になるでしょう。引越し先でも新しい職場がすぐに見つかりやすいです。

 資格手当が出ることも

時給がアップする例もありますが、資格手当といったものを出してくれることもあります。ドラッグストアや薬局では特にそういった傾向になっていますので、より良い条件で仕事ができるようになります。