マンションの購入時にも役立つ!マンション管理士・管理業務主任者の資格について

資格の中には、プライベートでもビジネスでも役立つものが多いです。その一つにマンション管理士・管理業務主任者の資格があります。
27

では、実際にマンション管理士・管理業務主任者はどうプライベートやビジネスで役に立つのでしょうか。解説させていただきます。これから資格取得を目指す方は、目標に関わる部分ですのでご自分で考えることもおすすめです。

マンション管理士・管理業務主任者の資格とビジネス

独立や開業を目指すことができます。そもそも、マンション管理士というものは、マンションにお住まいの方の相談になります。そしてアドバイスができます。いわゆる、コンサルタント業務を行う事が出来ます。独立開業がしやすい資格というわけです。

転職にも役立つ
マンション管理業を行っている会社に転職がしやすいです。各事務所に必ず管理業務主任者がいなければいけないとされているからです。しかも資格がある方は即戦力であると証明もできます。転職活動が圧倒的に楽になります。

マンション管理士・管理業務主任者の資格とプライベート

マンション購入時などに有利に働きます。様々なマンションに関する知識を持つことができるからです。間襟組合の運営方法などもある程度は理解できますし、修繕といったものについても考えることができます。

これからマンションを購入する予定の方は、特にどういったマンションを購入するか、などを考えるきっかけにしてほしいと思います。もちろん、すでにマンションに住んでいる方にもお勧めです。

宅建との関係性

マンション管理士・管理業務主任者の資格は、宅建の資格に非常に近いです。両方とも取得する方も多いです。特にビジネスの世界で成功したいとお考えの方は両方とも取得してください。

宅建の資格が気になる方は、「宅建の資格を取得しやすくする!資格試験の傾向を確認しよう」を参考にしてください。試験の概要や資格取得のコツなどを記しています。