資格の仕事内容について!旅行業務取扱管理者の業務とは?

少し珍しい資格になるかもしれません。旅行業務取扱管理者というものがあります。旅行関連会社で働く方にお勧めの資格です。
28
旅行業務取扱管理者ですが、資格を取得したらどういった仕事につくことになるのでしょうか。そちらについて徹底的に調査して解説させていただきます。旅行関連の会社で働きたいと思っている方、キャリアアップしたい方は参考にしてください。

旅行に関する様々な仕事ができる

 旅行商品の企画
 旅行商品の取引
 旅行商品の販売

以上が主な仕事内容になります。まず注目してほしいのが、旅行商品の企画というものです。旅行会社ではパッケージツアーというものがおこなわれます。魅力的な内容もあるでしょう。その内容を企画するのが仕事になります。

さらに、販売というものに関わるわけですが、旅行の専門家として会社のカウンターでお客様タイオプをすることもあります。ツアーの内容を説明するのも大きな仕事の一つになります。自分の企画したツアーは、説明にも熱が帯びるものです。
相談業務あり
お客様から様々な要望などの相談を受けることもあります。希望に合ったホテルの手配をすることもあります。また、交通機関の手配を行う事もあります。お客様相手に柔軟に対応するのも重要な仕事になります。

営業所と旅行業務取扱管理者

旅行会社には、ある取り決めを守ることが求められています。それは、営業所に旅行業務取扱管理者を置かなければいけないという事です。ですから、旅行会社としては絶対に不可欠な存在になるわけです。

 転職も可能

他の旅行会社に勤めたいという方は資格を取得して転職する例もあります。即戦力として新しい職場でも働くことができますので、非常に転職に有利に働く資格と判断できます。

資格試験概要

合格率はまずまず

国家資格になりますので難易度が高い思われがちですが、国家資格の中ではそれほどでもありません。30パーセントほどになりますので、ある程度のしっかりとした勉強ができれば合格できるものです。

 総合旅行業務取扱管理者
 国内旅行業務取扱管理者

以上の二つの旅行業務取扱管理者の資格がありますが、両方とも合格率は30パーセントほどです。合格得点率は60-パーセントほどですので、そのあたりを目標に据えて資格取得を目指してください。