パートの休日の制度について

パートの休日というものは、あまり注目されません。しかし、働く上で仕事が休みの日というものは重要です。一定日数はもらわなければいけません。


11
仕事の休みというものは、鋭気を養うためにも重要です。パートの場合は、学生が、授業の後にする事も多いです。ですので、あまり休みについて考えないこともありますが、それはあまり良い事ではありませんので、注意して対応しなければいけません。

パートの休日について

パートの休みはあまり設定されることはありません。その理由は、基本的に安いが多い仕事になるからです。フルタイムで働いているパートの方はあまり多くないのが現状です。

 週1日勤務
 週2日勤務
 週3日勤務

以上のような働き方をしている方が多数を占めています。パートの週の勤務日数を平均化すると、3日程度になると言われていますので、特に休みを設定するという考え自体が雇い主側にはありません。

自分で設定する

パートの場合は、シフトなどを自分で希望して決めることができます。ですから、休みたい日は自分で早めに確保することが大事です。また、どうしても仕事に出たくない曜日がありましたら、まずは伝えておくことが肝心です。そうすることで、確実に休みを確保できます。

フリーターの方について

しかし、社会人の中には、フリーターとして勤務をしている方も多いです。その場合には、週に3日勤務ということにはなりません。フルタイムに限りなく近いような形でパートとして働いているはずです。週に5日勤務も珍しくはありません。

週に2日の休みはもらうべき!
そのケースには休みをしっかりと設定してもらうことが重要です。サービス業でしたら、土日に休みをもらえることも少ないですし、ほぼ365日お店が営業している仕事もあります。平日でも良いので、しっかりと週に2日は休みをもらえるように対処しましょう。

フリーターの方は、「女性が知っておくべきパートタイマー有給休暇制度」でも記載しましたが、勤務日数が多くなるので有給休暇をもらえる可能性があります。そちらについても上司の方に相談してみると良いでしょう。