遅刻と欠勤とパート

パートでも責任がとわれる場面があります。それは遅刻や欠勤です。しっかりと対処する方法をお教えします。


12
パートは一般的に、気楽に勤められると思われがちです。実際に、すぐに辞められるというように、正社員に比べれば気楽な部分はあります。しかし、社会人としての責任を全うしなければいけない場面もあります。

対応が重要!
遅刻や欠勤の対応がまさに社会人としての責任を全うしなければいけない場面になります。対応を誤ってしまうと、解雇されてしまうことも考えられますので、注意して対応する必要があります。

電車が遅れて遅刻した場合

 電話連絡
 遅延証明書の提出

二つが必須の行動になります。電車が遅れて遅刻してしまった場合は、確かに自分のミスではりません。しかし、その場合でも、社会人としても責任を果たさなければいけません。

電話対応

いつ連絡するかという事ですが、遅れると分かった時点です。駅について遅延を知ったら、どのくらいの電車の遅れがあるのかを確認します。そのうえで職場に連絡をして遅刻する旨を伝えます。どのくらい遅れるのかも伝えるわけです。

まだ電車がまったく動いていなくてどうしようもない時には、どのくらい遅刻するか分からないとはっきりと伝えましょう。そして、到着時刻が大体分かったら、その時点で再び連絡をして到着予定時刻を伝えるのが正しい対応策です。

証明書対応

遅延証明書は、駅の改札近辺などで発行しています。そちらからもらうことになります。その証明書は、職場についたら、上司に渡します。その証明書が、遅刻した理由を証明するものになります。寝坊などの個人的な理由ではないと証明できます。

病気で欠勤する場合

病院に行ったのなら、診断書をお医療機かにいただくという方法がおすすめなります。どのような病気で医療機関にかかったのかも証明できますし、その症状の重さが仕事できないほどだったのかも証明できます。

ただ、診断書までは提出しなくても良いことが多いです。もしもの時だけ必要になると思ってください。欠勤の連絡をした時に診断書が必要になるかを聞いたうえで医療機関に行くことも、対応としてはおすすめです。