ダブルワークに適しているパート

女性の中にはダブルワークをする方もいます。そのような働き方が認められているのかを解説させていただきます。


13
単にダブルワークと言って種類があります。正社員とパートのダブルワークの場合もあります。パートとパートのダブルワークの場合もあります。そのような働き方が認められているのかを、しっかりと調べることが重要になります。

二つのパートのかけ持ちについて

パートを二つ行うような働き方は、原則的に認められています。そもそも、パートというものは何か制限を受ける機会が少ない働き方になります。週に3回しか入れないパートを続けても稼ぎが限定されます。働いていない4日間に他のパートに入るということは現実的なことでもあるわけです。
パート先に伝えておく!
もちろん、同日に重なるようなパートを入れることはしてはいけません。きちんと調節したうえで、ダブルワークを行いましょう。また、勤め先にダブルワークをしていると告げておくことも特に問題はありません。伝えておくことで、シフトが入れやすくなることもあるでしょう。

正社員とパートのかけ持ちについて

ほとんどの職場では認められていません。正社員とパートのダブルワークはしてはいけないものだと思ってください。ただし、例外もありますので、そちらも把握しておきましょう。

まず、正社員からパートを見ると副業扱いになります。その副業について、ほとんどの職場では認めていません。仮に認められていない職場で副業が発覚すると解雇される理由にもなります。その副業の禁止は、就業規則によって決められているので、働いている方は守る必要があります。

就業規則は変化することも

景気の動向で、正社員として働いている本業の仕事が少なくなることがあります。週に4日勤務になってしまう事もあります。そのような状況では本業の収入が少なくなってしまい、正社員としても生活が厳しくなります。

そのような状況をけるために、職場の就業規則を変えて副業を認めるケースもあります。近年では、リーマンショックの時期に多くの会社でそのようなことがありました。副業を認めるケースもあるということは、覚えておきましょう。