基本的な派遣の業務とは?

派遣社員として仕事をする時には、その業務内容は詳しく確認しておくべきです。まずは、だいたいの範囲でも良いのでチェックしておきましょう。

まずは、派遣の仕事にはどういったものがあるのかを調べると良いでしょう。「パートの一般的な仕事内容について」で紹介した、アルバイトの仕事と似ている部分もあります。しかし、中には派遣らしいものもあるので注目しましょう。

派遣の仕事について

 工場従業員
 事務員
 倉庫内作業員
 医療機関スタッフ
 翻訳スタッフなど

上記が一般的な派遣の仕事になります。まだまだ他に派遣の仕事は存在しています。あくまで代表的なものとして紹介させていただきました。派遣ならではの仕事も実際にあります。アルバイトとは実際に少し趣が違う仕事もあるでしょう。

派遣の仕事内容について

まず、特殊な技能を持っていないとできないものが多いです。その中でも中心になるのが、「翻訳スタッフ」です。こちらの仕事は、英語などがしっかりとできなければ働けません。スキルはもちろんですが、資格で証明する必要があります。

 通訳案内士(通訳ガイド)
 英検(実用英語技能検定)
 TOEFL
 TOEIC
2

語学系の資格について
代表的な英語軽の語学資格と言えば以上のものがあります。翻訳スタッフとして働きたいと願うのでしたら、いずれかは持っておかなければいけません。しかも、上級の級や高得点でなければ意味がないこともあります。
経理の仕事

事務員で働く時には、経理の資格を持っておくことが必要になるものもあります。日商簿記や、全商簿記というものがなければいけないこともあるわけです。誰でもできると思われる事務員の仕事でも、契約社員となれば一味、仕事内容に変化が出てくることもあります。

労働時間は社員と同じ

派遣社員は基本的に、1日当たり8時間から9時間働きます。正社員との労働時間の変化はほとんどありません。さらに、週に5日勤務となることも多く、その点はアルバイト・パートとの大きな違いがあります。

週に1日勤務や2日勤務というものは現実的には行われないことが多いです。少ない勤務日を望むのでしたら、契約社員はあまり適していません。アルバイトやパートを狙ってください。